hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

instagram


関連記事
スポンサーサイト

Boophane ブーファン まとめ1



 
とてもお久しぶりな更新です。


日々、Instagram の中で生きてました。


植物で繋がったお友達も増え
色々な知識・情報の交流もさせていただき
沢山の方に助けてもらいながら
植物を楽しんでる毎日です。



でもInstagramだと
私が本来やりたかった植物の記録まとめができないんですね。

で、のこのこと戻って参りましたブログ(笑)



そして一番まとめたくて仕方がなかった
ブーファン。


南アフリカ原産のヒガンバナ科の球根で
1年のうち半年は葉が枯れて球根のみの姿で休眠します。

今とても人気が上がってきてますね。

 

去年の新入り2株のお姿。
左:ハエマンソイデス
右:ディスティカ

ここまで成長するのには10〜20年以上はかかってると思われます。
環境にもよりますが50年くらい経つものも存在するとか。


一言でブーファンといってもおおまかに2種あって
活動時期(葉を出す時期)が真逆に異なります。




 
Boophane Disticha
ブーファン ディスティカ(ディスティチャ)
主に日本の夏期に葉を展開します。

用土は多肉植物の土のような多少保水性のある土でもいけるようです。

おそらく活動時期が夏なので、水をやっても
乾きが早いので根が蒸れる恐れがないから?
と想像するのですが・・・

ちなみに葉を落とす休眠期は水をかなり控えます。
(完全に水を切るわけではない)

ディスティカは葉も綺麗に伸びやすく育てやすい印象です。

葉の形が細長くウェーブがかったり、まっすぐだったり
産地によって形が異なるものがあります。



 
Boophane Haemanthoides
ブーファン ハエマンソイデス(ハエマントイデス)
主に日本の冬期に葉を展開します。

こちらは用土は排水性の高いものをお勧めされます。

活動時期が冬なので真冬でも用土が乾けば
水をしっかりやらなければなりません。

保水性の高いものだと寒さで根と球根が凍傷を負いやすくなるので
ウチでは根が傷みにくい軽石とクン炭などを主に使用していますが
まだこの用土の改善が必要だと感じています。

そしてブーファンは基本 屋外管理が前提です。

窓のガラス越しだと光合成に必要な大切な光線が遮られる事もあるとの事。
これはISHII PLANTS NURSERY 石井さん談
www.instagram.com/ishiiplantsnursery/
ブーファン師匠/ブーファンの販売もされています!


ブーファンはとにかく直射日光が必要な植物です。
(なんせ南アフリカの荒野に自生してるんですから)





特に冬期のハエマンソイデスは室内に入れると
必ずと言っていいほど葉が恐ろしく徒長します



今年も伸びに伸びきったハエマンソイデス先輩 初代

葉を鑑賞する植物なのに
屋内に入れっぱなしだと
ブーファンにあるまじきお姿になります。

ただ5℃以下になるなら夜間は室内に入れた方が安全だそうです。

なかには軒下など霜の当たらない場所なら
年中屋外に出してる方もいらっしゃいますけどね。

ビビリの私には年中屋外は心臓に悪いですね
(だから葉を徒長させるんだってば)



長くなるので今回はこの辺で...

まだまだ続きますよ。

次回はこの記事1枚目の写真。

夏のディスティカと冬のハエマンソイデス
真逆のブーファンが
なぜ一緒に写ってるのかの謎です。

この現象、最近の購入後すぐに戸惑う方が多いみたいです。

私もビビりましたよ!


関連記事

リドレイの復活

うちに2頭いたリドレイさんです。

  

分りにくいですが2年前から育てていた子(上)と
あたらに昨年の夏に購入した大きな子(下)がおりました。




 
残念な事に前の記事の害虫騒ぎで
昨年購入したリドレイ(↑左)は
完全に成長点が陥没して空洞化しまいました。。。



2年間を共にしてきたリドレイさんも
成長点が薬害で固く枯れてしまったよう。


今生えている胞子葉も元気無くしおれ気味だし
水やりは続けていたものの半分諦めていました。

ところが数日前に成長点の下に
ちょこっと出てきた小さな葉
 
なんと子株が出てました!

今年6月に初めて胞子葉に胞子が付いていたのでした

 


枯れて固まっていたはずの成長点も
中央からまたうっすらと緑色が見えてきています。


無事このまま復活してくれますように!

関連記事