hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラティ4号の3回目の花芽は


今年実家で受けた健康診断が
2カ所も引っかかってしまい・・

たいした事はないのですがー
なにせ40も半ばの身

お仕事を続けるうえでも
将来への不安を少しでも解消すべく
精密検査受けに再び実家へ帰省中です

ひっかかりはしませんでしたが
コレステロール数値も若干高め♡

完全に中年体系へ移行中ですー\(//∇//)\


自分の身も心配ですけど
この子も心配

ウチにきて間もないドラティー4号
IMG_2892_effected.jpg

先日すべて咲ききる前に
早めに花茎を切ったところですが

つぎに出てきた花芽が
3本ぐらい同時に伸びてきた!

こんなん見たことない・・・

まさか余力使い果たして
死花になったりしないでしょうか
llllll(-ω-;)llllll

むしろ3回目だから楽勝なのかなー
ただ見守るしかないのですけど

どなたか経験ございませんかね?

スポンサーサイト

ドラティは咲き続けるの



わが家のドラティ3兄弟
(兄弟じゃないけど)
IMG_2917_effected.jpg
3号だけ大きい個体です。

2号と4号は成長してもここまで大きくなりません。

品種が違うらしいです。



で、


現在開花中のドラティ4号
IMG_2915_effected.jpg

新芽が出てるのと思ってたのですが
今朝よく見たら

花芽???
IMG_2924_effected.jpg

実はくるくるの中にも
過去にも咲いた花茎の跡がーー

IMG_2925_effected.jpg

指で触れてる枯れた茎が花跡

こんな小さい株で
3回目の花茎出そうとしてるんか!

株のエネルギー消耗し過ぎて
枯れたりしないかが心配です・・・



普通はチランジアって
花が咲いたらその株は終わっちゃって
子株へとその命は受け継がれてゆくんですが

有茎のドラティは何度でも咲いて
そのまま大きく長くなってゆくんですね

知ってましたけど
こんだけ咲くのを目の当たりにしたらば

ちょっと衝撃ーーー

ドラティ4号

IMG_2897_effected.jpg 
今日は写真多めです

そしてテンションも高めです

ドラティ4号を迎えました

ふふふ
IMG_2892_effected.jpg
こちらは開花株ーー
(入札した時点では蕾だったのが届いたらほとんど開花してた)

TILLANDSIA DURATII var, SAXATILLIS

某社長のオークションです

ふふふ
IMG_2894_effected.jpg
箱開けたらジャスミン茶のような
上品で良い香りが立ってました

この香り・・ああ幸せですーーー



IMG_2896_effected.jpg

新芽もすでに出ちゃってます


夜もこの紫が際立って

IMG_2899_effected_2014092003244828f.jpg





IMG_2900_effected.jpg
 

ふふふのふ。

ドラティ3号


今の植物を集め始めるきっかけとなった

ドゥラティ(ドラティ) サクサティリス
TILLANDSIA DURATII var, SAXATILLIS

12382_451347174950299_240530997_n.jpg

以前は偉そうに管理方法など述べておりましたが

我が家に来てから1年と半年後
ウカツにも☆にさせてしまいました

それからドラティをすぐに迎えるのが辛くて

ちょうどビカクシダの生育が盛んになる時期と相まり
なんとなく気をそらしておりましたが

やっぱりベランダやこの部屋のどこかに
あのクネクネした大きな変わった子を
探してしまっている自分がおりましたーー


おそらく自分が植物を育てたり
求め集めたりする中で
いつの間にかドラティが
何かしら私の中の基準になっていて

ちょっと大袈裟かもしれませんが
今の自分を作るきっかけになってくれた植物でした


新しい子を探さなかった訳ではないのですが
なかなか「この子!」といえる子に出会えず・・


そして先日。
やっと何かしら私の気持ちに通じる子を見つけました

傷だらけで、花も終わってる子
なんでしょうね?

形もよくて大きい綺麗な子は他にも沢山居るのにー

でもこの子には新しい
「これから」という芽が大きく育ってます

ドラティ3号です
IMG_2789_effected.jpg

よろしくねー
(実は2号のおチビが向こう側に写ってます)

長々とくだらない話におつきあい
ありがとうございます!

出会いと別れがありまして



先日東京へ戻りました。
父の入院もあり一ヶ月半ぶり。


東京へ着くなり
仕事の仕込みの買い出しを済ませようと
家へ帰る前にホームセンターへ立ち寄った時の事。

買い出しと云う名の「いいわけ」で
植物を物色する目的もあったり、なかったり。

そこには偶然
たゆみまさんのチランジアが
大量に鎮座してしておりました

入荷したばかりらしく、
状態のいい子がずらんと

photodrati_effected.jpg 
ドラティ(ドーラティ)

手のひらサイズで小ぶり
とても形の気に入った子だったので

うちの大型ドラティと並べたら
さぞ楽しいだろうと
一緒に連れ帰ったわけです


部屋へ着くなり早々に横に並べて吊るして
「かわいいねー」なんて
無邪気に喜んでおりました。




夜になり水をやろうと
大型のドラティ持ち上げたところ

なんか変???

なにこれ?


ほとんど枯れ枯れやん???

???

毎日彼が水やってくれてて
「ずっしりしてきたよー」
って言ってたのに??

なんで?
どーした??
ドラティ???


新芽は青々してるのに
親株はもうすでに枯れきった様子。

新芽に触れるとぐらぐらに揺れ

嫌な予感を感じながら引っ張ると
新芽がずぼっと抜けました・・・

「毎日の水やり」で蒸れたようです


ぽっかり心に穴があいてしまい
枯れた姿を見てはべそかいて
しばらく無気力のままでした


端からすれば、たかが植物

私にとっては心を通わせてくれた植物

枯れたドラティを抱えたら
まだ小動物ほどの手応えのある重さ

ほんとうにごめん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。