hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダ病気になっちゃった?


昨夜あまりにもつまらない記事を書いちゃったので
反省の意味を込めて
ちゃんと植物ネタをー



ずっと調子良く見えてたバンダさん

徐々に下葉を落とすのも
根が葉を押し分けて突き破る様に
生えてくる為だと思ってました。

そしたら今はこんな状態
(可哀想すぎてシルエットです)
IMG_2729_effected.jpg




根は幾分か健康そうなんですけど
IMG_2730_effected.jpg


株もと分りますか?
茶色くなってるんです

IMG_2732_effected.jpg

ちょっと葉焼けさせちゃったのもあるのですが
付け根がどんどん黒くなってきちゃって
一応消毒しましたが


けっこう心配・・・(~_~+

スポンサーサイト

初・バンダのやる気



今回の帰省は

なんとバンダ同伴です^^

IMG_5440_effected.jpg

トランクに詰めて持って帰ってきちゃいました。
(こんなトラさんみたいなトランクじゃないですよ)


昨年の帰省してた際、

ちょうど成長期に構ってあげなかったため
水切れを起こさせてしまい
発根のタイミングを逃して
根なしっ子にしてしまったのです。
(朝夕のシャワーだけではとても追いつかないです!!)




このバンダ、帰省する数日前から
茎から太い根が出始めました。

IMG_5435_effected.jpg

ちょうど肥料をぶら下げてた所に^^;


IMG_5439_effected.jpg

葉焼けの跡から
若い葉もぐんぐん伸びてるのわかります



昨年と違う処置は、
気温が20度くらいに上がってきた頃から
毎夜、薄く栄養剤を入れた水に一晩漬け、
朝〜夕にはベランダで
日光と風にあてていました。

やっぱり一晩漬けると
株の保水力が違うように思います。

それとやっぱり風!太陽!
大事です!


あと昨年からなんとなく思ってたのですが・・

バンダ(蘭全体も?)って水切れして
一度葉にしわが入ってしまったら
後からいくら水を与えても浸しても
もう元に戻らないのですねー

なんでこれからの時期は管理に手を抜けません




帰省する前の状態
IMG_5414_effected.jpg

一番上の太い根は冬に出したもの
(落として半分に折っちゃった・涙)


現在は折れた根からも
IMG_5438_effected.jpg


先に出た根の反対面からも2つ
茎から新しい根が覗いています
IMG_5437_effected.jpg




明らかに今までには見た事のない
バンダの「やる気」がでています!

がんばれー




実家で干涸びたバンダをかいがいしく
いじくってる私を見た母。

見た事のない正体不明な植物に

「それ土に植えたらえーんちゃうの?」



ああ・・・

エアプランツでさえ
何度も説明してたのに

しばらくして
「これ水いるん?」
って言っていた母。

バンダを説明したところで
果たして理解してもらえるのか?

自信がありましぇん。。

バンダ 幹から発根

いよいよクリスマスまで1ヶ月と少しーー

少しでも長くクリスマスの気分を満喫するべく
早めに部屋の飾り付けを始めました。



昨年に買ったもみの木は
ベランダの猛暑を越せずに枯れてしまったので;;

今年はツリーはなしで
部屋をなんとなくクリスマス風にすることにーー

ごちゃごちゃや〜〜
IMG_1175_effected-001.jpg


真ん中は根無しロンヤラさん^^
以前からさらに葉を一枚落としましたが
まだなんとか生きてます
がんばれ〜〜


ギラギラな感じにならず、
何となく落ち着いた雰囲気にしたかったんですけど

もうちょっと部屋整理しなくては!





もう随分経ってしまったのですが

バンダさんを水苔キャップから
ベラボン植え(灰汁抜き)へ
そしてチークバスケットに植え替えをしてました。

IMG_1173_effected.jpg


★ベラボンはこれを使用★



以前ビカクシダのリドレイさんの輸入苗を購入した際にも
ベラボンが葉裏にびっちり植わってました。

馴染みは無かったのですが
レビューが良かったので使ってみたんです。

使ってみた所、水苔ほど水分ベッタリではないし、
かといって排水性はいいものの、しっかり保水性もあって
濡れたベラボンの中に指を差し込んだところ
「あ、熱帯の空気ってこんなかんじなのかも?」
っていうくらいの蒸気が感じられました

根に密着しない状態で水分を与える事が出来る感じですかね?
あくまでも自分が感じたイメージですけどね・・

しかも保温効果もあるようなので期待大です。

巨大ウィリンキーさんの葉裏がスカスカだったので
少しこのベラボンを足してあげました。

一袋でたくさん入ってるので
次はビカクの植え植え込み材にも
使ってみようかと思います。

通気性を良くするためのチークバスケットも買いました。

けっこう重さがあります



その甲斐があってかどうか?
念願の茎横から太い根が(わかります?)
葉をかき分け顔をのぞかせてくれました。

IMG_1163_effected.jpg

やったーーーー!

根無しバンダ


昨日は風がすごかったですね。

そのせいか上空の空気が澄んだようで
夜空にオリオン座が見れました。


IMG_0755_effected.jpg

ちょうど画面の真ん中にあるのですが
写真ではわかりにくいですね。



以前の根無しロンヤラに続き
これも根無しにしてしまったバンダ・・・~_~;

一番美しき頃の姿・・・
2569_effected.jpg
vanda manuvadee バンダ マヌバディ

素人がおそらく大抵やらかすであろう失敗と
苦戦し試行錯誤を繰り返すこと2株目の挑戦!


7月に一度は発根しかけていたのを
やはり真夏に頻繁に水やりできなかったため
根の成長を止めてしまい、再び根無しさん状態に。

↓これは7月上旬の発根した様子
IMG_3791_effected.jpg

このあとが大事だったのに水やりが足らず
成長を止めてしまいましたー

蘭は本当に手間がかかるのですね。
だけどそこが魅力でもあったり・・・


どこかのサイトさんで読んだのは
「一番の肥料は毎日じっくり眺めてあげる事。」



どのタイミングで水が欲しいのか
温度は?湿度は?
毎日じっくり向き合わないと、一番成長したい時に
成長できる環境を作ってあげる事ができません。


分ってはいるものの、普段仕事をしている身なので
毎日そこまで蘭に生活を合わせることができないのが実状。

できるだけ手間を省きながら温室無しでバンダを育てたい。

試行錯誤しながらやっておりますーーー



以前も紹介したモスポットに植え込み材なしで株を入れ
根の上から水苔を被せる方法。
IMG_0756_effected.jpg


水をやる時は鉢にも水をたっぷり吸わせます。

IMG_0760_effected.jpg

風に当てるため、昼間はこんな姿でぶら下がったり^^



やっと一度止まった根の成長が動きました。

IMG_0757_effected.jpg


↓ちょっとキノコが生えたみたいで不気味ですが。
IMG_0758_effected.jpg


「バンダは植え込み材なしで育てる」と
どの本を読んでも書いてあるのですが
ふだん私たちが生活している環境では
バンダにとっては乾燥し過ぎなんですよね。。。

乾燥が必要なのはわかっていますが
すぐにカラカラになっちゃって
ダメージの方が大きい。。。


ちなみに神代植物公園のバンダの温室は
温度22.6℃ 湿度82% でした。
そして一日中補充されるであろうミスト。

幸いな事にここ数日がまさにそんな気候だったから
このバンダも発根できたのかもしれませんね。

この状態のまま、成長期であるこの時期に
出来るだけ根を出させてあげたいです。




ちなみに先日sugoi-neに植えたロンヤラさん。

10日間毎日灌水してましたがみるからに根元が黒くなり
下葉の調子が悪化してしまったので
このバンダと同じ方法で養生中です。。。

きっと何かを間違えているんだろうなーー(涙)


まったく素人の園芸つづりですので
ひどくさせてしまった貴重なランを
どうか温かい目で見ていただきますようにーー

(。>ㅅ<。)




にほんブログ村 花・園芸ブログ エアープランツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ シダ植物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

爛々蘭(らんらんらん)その2

先日は室内の蘭を記事にしましたが

今回はベランダの蘭を・・・


世界ラン展で購入したバンダ

IMG_3794_effected.jpg

ラン展ではバンダを生かした展示が多くとても印象的でした

購入時の開花の様子
2567_effected.jpg

青みがかった紫っていうのでしょうか
なんともいえない良い色なんです



同じくラン展で購入したロンヤラ
(ってかいてありますがよくわからない)

IMG_3798_effected.jpg

これも本来はバンダの様に根を垂らして栽培するもののようです。

購入した時の開花はこんな
2566_effected.jpg

ライムグリーンが目に鮮やかなとても美しい花です。


ラン展で未開花株の販売の際に
開花見本株として店頭に展示されてた非売品だったのですが
最終日の最後だったので格安で売っていただけました。


おそらく夜間の会場がとても寒くなってたのでしょう
葉の下の方がけっこう傷みがあり何枚か落ちました

2564_effected.jpg


まだ寒く乾燥の激しい時期だったので
バンダもロンヤラもそのままだと根が枯れる一方・・

蘭の植え込み材「SUGOI-ne」を使用して鉢植えにしていました。



おかげで枯れる事はなかったのですが
使い方が間違えていたのか鉢から抜き出すと
根がもうミイラみたいにぺっちゃんこなヤバイ状態・・




1ヶ月程前に蘭用バークのみに替え
バスケットに植え替えたところ新しい根が出てきました。

IMG_3791_effected.jpg


まっしろでつやっつや!
ちょっとカブトムシの幼虫に似てる


今はバークと水苔のミックスで植えてベランダで吊るしています

IMG_3796_effected-001.jpg

水やりは毎日朝と夜間にたっぷり噴霧器で全体にシャワーしてます。

是非とも自力でもう一度開花させたいのですが
初心者にはなかなか難しいですよね〜〜



しかも過去にバンダは一株おじゃんにしちゃってます・・
けっこう手を尽くしたのですが

むむむ・・・負けないぞぉ!






先日のオザキフラワーパークでは
魅惑の新入荷商品を買わず

常時売られているこれ↓を買いました。

IMG_3899_effected.jpg

「ミヤマムギラン」

以前から気になってたんですよ
このこじんまりとした着生ラン。
IMG_3900_effected.jpg

バルブの上に乗っかる様にバルブが増えとる・・・(汗)

もうちょっと整理して広げてあげたいけど剥がすの恐いなぁ


季節的にはこれから花を楽しめるそうなのですが
まだつぼみが見当たらず。



オザフラの店員さんに「咲いたら写真とって見せてね」って言われたので
無事に開花させることができると良いなぁと思うのですが。


詳しい方、育て方のコツをご教授頂けると嬉しいです!


にほんブログ村 花ブログ シダ植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ エアープランツへ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。