hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ・実生リトープス 1ヶ月経過


うっかり忘れてましたー
リトープス実生の記録

かけこみ更新です

実生は今回も写真が見所ありません!

それに今日で1ヶ月経過と言いながら
撮影したのは帰省前なんで
もうすでに4−5日前の写真です

いろいろと非常に残念です・・・


フレッドレッドヘッドと紅大内玉

IMG_2973_effected-001.jpg

嫌な予感したんですけど
紅大内玉が3個しか発芽してません(左の3つ)
フレッドレッドヘッドはヤバそうなのもいれて7個かな?

ヨコから見たところ
IMG_2976_effected.jpg
キノコ型がフレッドレッドヘッドです
やっぱり発芽しやすいし安定した成長力


一方、テキサスローズ
IMG_2974_effected.jpg
ヤバそうなのもいれて11個
最初白い(ほぼ透明)個体もいくつか発芽してたのですが
色素がないためか消滅してゆきました

ヨコからみたところ
IMG_2975_effected.jpg

やっぱり撒種は8月下旬か9月中旬までが良いみたいですね



ウチで私の代わりに世話してくれてるKさんへ

言い忘れてました!

水切れ厳禁なので受け皿の水がなくなったら
お皿の方へに水を足してくださいね
決してリトープスの上から水を与えない様に(涙)

頼みますーーー!!

スポンサーサイト

リベンジ・実生リトープス


また暑さが戻ってきたような天気です

ビカクには嬉しいのですが、
多肉が茹だってしまいそうでビクビクしてますが..


昨年11月に初・実生リトープスに挑戦しました

実生リトープス発芽経過

この時は4種植えたのですが
結果はー
IMG_6064_effected.jpg
現在残ったのはこのフレッドレッドヘッドのみ
約10ヶ月目の姿です


今回は成功しなかった品種のリベンジに挑戦です

昨日、残っている種を全て蒔きました
IMG_6034_effected.jpg

塵のような種の大きさですが
半日水に浸すとほんのすこしだけ膨らみ
扱いやすいみたい

IMG_6035_effected.jpg


いざ播種!
(以下地味な画像続きます)

左手の赤っぽい大きな種は
昨年の成功率が高かったフレッドレッドヘッド

右下には紅大内玉のちっさい種も撒いてます
IMG_6039_effected.jpg


何も見えないですが^^;
こちらにはテキサスローズの種が撒かれてます
IMG_6038_effected.jpg





そして早くも翌日、

一番最初に芽を出したのは
11月にはまったく発芽しなかった
テキサスローズでした
IMG_6062_effected.jpg

中央に白いU字に曲がってるやつです




2番目は紅大内玉
IMG_6063_effected.jpg

普通だと見逃すほどの小ささ
(表土の赤玉は1.5mmほどの極小サイズです)

写真撮る時、探すのとピント合わすのが大変!

数時間ごとにぽつぽつと発芽してきてます

昨年発芽しなかったテキサスローズは
気温の条件があわなかったのか??


逆にフレッドレッドヘッドはいまだ発芽せず・・

発芽するタイミングも
それぞれ個性がある様です



それにしても目がちかちかするくらい細かい!!




実生 リトープス 9ヶ月目



ちょこっと実生リトの状況記録をー

昨年11月に晩種したリトープス

3種+α撒きましたが
現在生き残っているのはFred’s Redheadのみ

Rose of Texasは発芽すらしておらず
Optica RUBRAは小さいまま溶けてしまいました

これらは種をまだ保管してるので
また秋に挑戦したいと思います



Fred’s Redhead
15粒のうち現在8個育ちました
IMG_2567_effected.jpg

写真左上の大きい個体(3つ)は買ったものです

みんな色も形も長さ(徒長)も少し違うので
ぱっと見、同じ品種とは思えないです


さてこれからがリトープス最大の難問、夏

うちでは昨年同様の窓際管理です
南西向きで、一番長く日当りがある場所です

大小ともども無事越せるといいなー

IMG_2569_effected.jpg

大きい個体の一番右側
小さい光が漏れてるところが
少し気になるのです・・・


実生リトープス4ヶ月 脱皮



去年10月末に4種類、合計50粒撒いたリトープスの種

30ほど発芽するも3ヶ月経った頃には
ほとんどがカビ&ムシでやられました


もちろん事前に用土は熱湯で滅菌しましたが
オルトランを撒いてなかったのが敗因かと・・



約4ヶ月後に生き残ったのはこのFred`s Redheadのみ

IMG_1836_effected.jpg




どうやら脱皮をしてるみたいですが
横腹を裂いて出てきてしまいました・・・

1834_effected.jpg




この方も光で透けて中の新しい葉が見えてます。

IMG_1840_effected.jpg

そしてやっぱり胴の部分に裂け目が・・・


無事に夏越しできるように
今のうちに大きくなって欲しいなーと思います。



悲喜こもごもリトープス 



先日から続きます

私が風邪を引いている(管理をさぼった)間に
悲喜こもごもな状態になっちゃった植物たちの話。


ごぶさたしてましたリトープス。

載せてませんが何体かは
無事に生き残ってくれています(涙)

春の植え替えの際に
まとめて生存のご報告したいです^^;



まずは現状の実生っ子から・・・
 

しばらく見てない間に
透明な小さな尺取り虫のようなのがわいてました

うへぇーー(유Д유〣)


次々と子たちの根元をガジガジとーーー

この尺取り虫くん

以前ビカクシダのヘゴにも湧いたことがあるので
冬の室内の湿度が高いところが大好きなようです。




おかげで小さい子(Optica RUBRAとRose of Texas)は全滅

大きめに育ってたFred's Redheadの何体かは
根から下が溶けて無くなってました(涙)



できるだけ根を切らない様に用心しながら
用土から救い出したこの数体
IMG_1633_effected_20140212191700be7.jpg
ーーー全てFred's Redheadです。

15個種をまいて虫にやられるまでは100%育ってました。

現状10個、かなり優秀じゃないでしょうか?


しかしなぜかキノコ型のまま成長

リトープスっぽくなってくれません




この種は早く大きく育ったので
少しかじられても生きてる子もいます
IMG_1636_effected_20140212191701fae.jpg
微妙に根元のコブが気になりますけど




こんどこそちゃんとオルトラン粒を混ぜた用土に植え替えました。
入れてなかったんかい!・・そう自業自得なんです
IMG_1656_effected.jpg

そろそろマグワンプ少量を与えても良い頃でしょうか?






こちらは成長したものを徐々に集めたFred's Redhead 3体
(奮発して買い集めたので全部生きてますw むしろ丈夫なのかな?)
IMG_1648_effected.jpg

どんだけFred's Redheadが好きやねん・・

目指すは群生!


ただでさえ小さい個体やったのに
脱皮してさらに小さくさせてしまうというーー(涙)
IMG_1649_effected.jpg





島田コレクションの
アミコルムamicorum C410とアンナローサAnnalosa
IMG_1646_effected-001.jpg

左アミコルムは花芽を出しかけて枯れちゃったよう(涙)
でも脱皮始まりました。

良く見ると2頭に分かれた様です。

これも嬉しいような悲しいような・・・



アンナローサも少し口を開けそうな状態。

脱皮してくれるのかな??






このもっさりと鮮やかで美しい葉は
IMG_1658_effected.jpg


「みそ汁に入れるから捨てないでー」

と彼に言われたので
↑料理上手!


少しでも葉を大きくしようと

水栽培中の大根の葉。。。

IMG_1659_effected.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。