hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Boophane ブーファン まとめ1



 
とてもお久しぶりな更新です。


日々、Instagram の中で生きてました。


植物で繋がったお友達も増え
色々な知識・情報の交流もさせていただき
沢山の方に助けてもらいながら
植物を楽しんでる毎日です。



でもInstagramだと
私が本来やりたかった植物の記録まとめができないんですね。

で、のこのこと戻って参りましたブログ(笑)



そして一番まとめたくて仕方がなかった
ブーファン。


南アフリカ原産のヒガンバナ科の球根で
1年のうち半年は葉が枯れて球根のみの姿で休眠します。

今とても人気が上がってきてますね。

 

去年の新入り2株のお姿。
左:ハエマンソイデス
右:ディスティカ

ここまで成長するのには10〜20年以上はかかってると思われます。
環境にもよりますが50年くらい経つものも存在するとか。


一言でブーファンといってもおおまかに2種あって
活動時期(葉を出す時期)が真逆に異なります。




 
Boophane Disticha
ブーファン ディスティカ(ディスティチャ)
主に日本の夏期に葉を展開します。

用土は多肉植物の土のような多少保水性のある土でもいけるようです。

おそらく活動時期が夏なので、水をやっても
乾きが早いので根が蒸れる恐れがないから?
と想像するのですが・・・

ちなみに葉を落とす休眠期は水をかなり控えます。
(完全に水を切るわけではない)

ディスティカは葉も綺麗に伸びやすく育てやすい印象です。

葉の形が細長くウェーブがかったり、まっすぐだったり
産地によって形が異なるものがあります。



 
Boophane Haemanthoides
ブーファン ハエマンソイデス(ハエマントイデス)
主に日本の冬期に葉を展開します。

こちらは用土は排水性の高いものをお勧めされます。

活動時期が冬なので真冬でも用土が乾けば
水をしっかりやらなければなりません。

保水性の高いものだと寒さで根と球根が凍傷を負いやすくなるので
ウチでは根が傷みにくい軽石とクン炭などを主に使用していますが
まだこの用土の改善が必要だと感じています。

そしてブーファンは基本 屋外管理が前提です。

窓のガラス越しだと光合成に必要な大切な光線が遮られる事もあるとの事。
これはISHII PLANTS NURSERY 石井さん談
www.instagram.com/ishiiplantsnursery/
ブーファン師匠/ブーファンの販売もされています!


ブーファンはとにかく直射日光が必要な植物です。
(なんせ南アフリカの荒野に自生してるんですから)





特に冬期のハエマンソイデスは室内に入れると
必ずと言っていいほど葉が恐ろしく徒長します



今年も伸びに伸びきったハエマンソイデス先輩 初代

葉を鑑賞する植物なのに
屋内に入れっぱなしだと
ブーファンにあるまじきお姿になります。

ただ5℃以下になるなら夜間は室内に入れた方が安全だそうです。

なかには軒下など霜の当たらない場所なら
年中屋外に出してる方もいらっしゃいますけどね。

ビビリの私には年中屋外は心臓に悪いですね
(だから葉を徒長させるんだってば)



長くなるので今回はこの辺で...

まだまだ続きますよ。

次回はこの記事1枚目の写真。

夏のディスティカと冬のハエマンソイデス
真逆のブーファンが
なぜ一緒に写ってるのかの謎です。

この現象、最近の購入後すぐに戸惑う方が多いみたいです。

私もビビりましたよ!


スポンサーサイト

ブーファン ハエマントイデス いよいよ


すでに数日前に撮りだめた
過去写真の記事なんですけど


夏期に休眠してた冬型球根の
ブーファン ハエマントイデス
IMG_2966_effected.jpg
輸入株7年もの

実生株4年もの
IMG_2965_effected.jpg
2球とも無事お目覚めました

小さい方は
なかなか葉が出なかったので
結構ドキドキもんだったのですが

砂糖水のおかげか(汗)
ばっちり葉っぱを出してくれました

(大きい鉢の方は数日後に土が異常に臭くなったので洗いながしましたけど)

さぁこれから株をどんどん充実させてくれい!


今年の夏越し失敗したのは
ブルゲリだけかなー(涙)

失敗というよりも
ブルゲリがそろそろ休眠かな?
と勝手に思い込んで
土で覆いかぶせて日陰に放置したんです

そしたら実は休眠してなかった状態で
生き埋めにして干涸びさせてしまったという
なんとも申し訳ない事をしてしまった次第です

もうブルゲリは買いません!

ごめんなさいー

ブルビネ メセンブリアントイデスの透明感


本来なら真夏の間は
地上の葉が枯れ休眠するはずの
ブルビネ メセンブリアントイデス
IMG_2993_effected.jpg


うちの子は葉数は少なくなりつつも
ほとんど枯れることなく
炎天下に葉が少しピンク色になったくらいで
葉を出し続けていたようです


ここ最近その葉の透明感がやたら綺麗で

IMG_2977_effected.jpg

以前のオパール感はまだ出てませんが
葉先のみずみずしさったらない訳です

IMG_2983_effected.jpg

日差しの強い時に
暗めに撮ると分りやすい


IMG_2984_effected.jpg
ここの葉がね
  もう半分くらい透明 ↑


IMG_2999_effected.jpg


国際多肉植物協会の小林会長から
お譲りいただいた子なのですが

その際にお話を伺った通りに
植え替えをしなかったんです

そしたらまわりから
得体の知らない葉がにょきにょき

少しほじると球根っぽく根元が丸い

ラケナリアっぽい種が
会長さんのナーセリーで紛れ込んだんですね

面白い!!

これはこのまま植え替えせずに育ててみようー



ブーファン ハエマントイデス お目覚めた


ブーファン ハエマントイデスを
休眠から目覚めさせる為に
あれこれイメトレしておりましたー

まずは用土の植え替え!
(完了)

砂糖水を与えてみる!
(ドキドキしながらやってみた!)

冷蔵庫へ入れてみる!
(まだやってない!)


今日、ベランダで水やりしてたら
あっけなく葉を出してるのを発見!



やったー!!

夏越し中:ブーファン ハエマントイデス


夏は休眠する球根
ブーファン ハエマントイデス
Boophane haemanthoides

今は無惨にもこんな感じ・・・
IMG_4307_effected.jpg
・・・って
後ろのエアプランツが重なって
青々してみえますが
実際には枯れっ枯れ!な状態です


初めての夏越しなので球根が枯れてないか
ビビリながら鉢を堀返し
時々生存確認をしております
IMG_4304_effected.jpg
7年ものですが、
お店で2年ほど眠りから覚めなかった子で
球根はこんなに貧弱ーーー

IMG_4303_effected.jpg
ですがちゃんと白い根を確認!
生きてます(ほっ)



保険でいただいた実生3年生も
ちょい根が干涸び気味ですけど生きてます
IMG_4305_effected.jpg
今のウチにまるまる太れよー


って栄養素も何もない用土で無理か・・・
ネグされ防止のためとにかく石のみ

1−2か月に1回ほど様子見ながら水与えてます

本当は夏の根グサレのダメージが大きいので
水は与えるなと言われてるんですがーー

だって太ってほしいんだもの

実際に育ててる方の情報が
もっとあればいいのにーー!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。