hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水耕栽培挿し木_1週間目経過記録

DSC00471.jpg
 
挿し木を初めてちょうど1週間目の挿し木の状態。
 
枯れた葉もあれば、なんとか保ってる葉もあり。
 
いずれも枝は枯れていない様子。
 
DSC00473.jpg
 
よーくみると芽が膨らんでいます。
 
DSC00474.jpg
 
新しい葉を出そうとしているのかな?
 
3日前に再度切り口を切ってるので
まだ発根の気配はありません。
 
とにかくがんばれ~~!֥ϡ
 
 


関連記事
スポンサーサイト

ジュビリーセレブレーション大苗+水耕挿し木

ルージュピエールドゥロンサールの蕾がなかなか咲きません…
 

後から植物園で買ったピエールドゥロンサールの葉が

少し黒星病の症状に似た葉の先が少し枯れたような症状があり

もしかして…と心配していたのですが

並べて置いたルージュピエールドゥロンサールにも

同じような葉の先が枯れたような症状が出てきてしまいました(涙)

不安が的中?? うつってしまったのかな?心配です。

 

季節柄ここはひたすら病気の葉の摘み取りと薬剤散布が大切なんでしょうね。

 

そんな中、一つは欲しかったイングリッシュローズ


【バラ苗】ジュビリーセレブレーション (中ER複)

国産苗 大苗 6号鉢植え品 ★ 【イングリッシュローズ】

 ジュビリーセレブレーションを購入してしまいました。

バラの家さんからの2回目の購入です。

上記のピエールドゥロンサールで懲りたので

ちゃんと管理された苗を買うのが大切なんだなと切に思った次第です。

ただ残念な事に蕾の2つのうち片方がぽっきり折れてしまってました。

サイトに記載されている通りこれはクレームの対象にはなりません。

 黒星病の移転が恐いのでこの苗は離して管理しています。

 

 

さて。先日水耕挿し木した枝。

 DSC00455.jpg

私のおおざっぱな管理の為に葉っぱが枯れかけてきました!

環境はルートン水溶液にひたした挿し木をベランダの日陰に放置。

昨日は一日中雨で気温も下がり、ベランダにも雨が入ってきたのです。

おかげで挿し木は雨風にさらされ悲惨な状況に。

 

同居している彼に

「大手術したあとにいきなりベランダへ出されるのはひどいんじゃない?」

と言われ大いに反省。

あわてて今日救済処置を施しました。

 DSC00467.jpg

切り口がルートンのせいで水が吸い上げられていないかもしれないので

再度切り口を剪定鋏で切り、水はルートン水を捨てて、

切り花延命剤を入れた水に交換。(オキシベロンはまだ手に入らずなので…)

 

乾燥を防ぎ、外気と遮断させる為にビニール袋を被せました。

DSC00470.jpg

これからは室内のほどよく日が当たる場所で様子を見ます。

 

 

※注意!

園芸初心者の記録なので、間違っている事がたくさんあります。

良い結果が報告できるまでは、くれぐれも参考にされませんよう。念のため… (笑)




関連記事

水耕栽培で挿し木をはじめてみた

DSC00455.jpg
 
 植物園で買ってきた切り花のバラが
花びらが散りはじめたので
枝を切りだし挿し木をやってみました。
 
私が初めて挿し木をしたのは全くの偶然から。
大きなスプレータイプのバラの枝(切り花)を買ってきて
あまりに枝や葉っぱが立派だったので
花が終わった後も2Lペットボトルに挿したまま
日光のがんがん当たるベランダヘ…
 
出しっ放しにしていたら枝が生え、
根っこがぐんぐん伸びたのです。
そしてそのまま土に植えたら(多分普通の園芸用の土です・汗)
見事に沢山のバラが咲いたという。。。
 
 
たまたまその枝が丈夫な種のバラだったんでしょうね。
 
その後、他の切り花で買ってきたバラも同じ様に根はだしたものの
途中でダメになってしまい成功したのは最初の1度きり。
 
季節はちょうど今時分。
このタイミングを逃すのはあまりにも惜しいので
今回も何年かぶりにチャレンジしてみました。
 
参考にさせていただいたのはこちらのサイトです。
私の最初の実践に一番近く、少ない経験ながらもこの方法なら
慣れているし、根の出るタイミングも掴み易いからです。
 
ただ、近くのお店でオキシベロンを入手できなかったので
かなり無理やりなんですがほんの少しのルートンを
水の中に溶かして入れてみました。
ただ、溶かしても底に大方沈んでしまいましたが。
アバウトですがそれぞれルートンの量を変えています。
 
まぁ水だけで挿していたとしても
枝がしっかりしていてよほどデリケートな種でない限り
水をちゃんと吸い上げていれば
ほぼ問題なく根は出ると思うのですが。
 
誰もこんな事やってない(かな?)ので
果たしてどうなる事やら…
記録を続けたいと思います。
 
 
 
 ↓このバラを挿し木してみました
DSC00456.jpg
 
 


関連記事

ピエールドゥロンサール

 

DSC00452.jpg

 

 花が花を呼びました。

先日行った調布神代植物園で行われていたバラフェスタにて

ピエールドゥロンサールも購入してしまいました。

 

ただ「ばらの家」さんで購入した ルージュピエールドゥロンサールの苗が

あまりに立派だったので、これと比べると少々葉も元気ないし

さほど綺麗な苗でもなかったのですが

「欲しい!」という欲求には負けてしまいわが家へやってきました。

苗を回復させるため花は早々に切って花瓶に挿しました。

 

↓買ってきた状態

DSC00444.jpg

 葉っぱがツヤがなく葉先が枯れているのがチラホラ

不安になり重曹を1000倍希釈した水をスプレーしてみました。

これはうどんこ病対策らしいので、この苗に効果があるかは不明ですが。

 

 

植物園内で切り花のバラも売っていました。

10本1000円は安いですよね。

ころんとしたカップ咲きが癒されるこのバラ。

名前はわかりません。

DSC00451.jpg

とても気に入っているので花が終わったら

挿し木にチャレンジしてみようかな。


 
 
一気に薔薇が増えたわが家はすごく華やかに。
 
まだ薔薇苗が買えずにいた先週、
代わりに購入していた芍薬の切り花も今が盛り。
 
DSC00449.jpg
 
 
 
 


関連記事

ルージュピエールドゥロンサール



これからバラの季節が始まりました。
久しぶりに購入したバラの苗です。
ルージュピエールドゥロンサール

KC3A0110001.jpg
KC3A0109.jpg


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。