hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペルブム2号


昨年、新葉を出すたび
私が癒されまくってた
スペルブム

板付したとたん茶色くなって
☆になってしまいましたー

いつかは再会したいーと願ってましたが
鉢植えで60cmという立派な株に惚れ
新たにウチにやってきました
IMG_5710_effected.jpg




窓際の右半においてみましたが・・・
IMG_5709_effected.jpg
でかい、、窓の圧迫感がハンパない

大きめビカクはやっぱり
広いスペースに置くべきですー

そそくさとソファー横に単体で設置
IMG_2717_effected.jpg



IMG_2719_effected-001.jpg
新たな窓際のスペースには
株分けしてもさらにデカくなった
ネザーランスを・・・

葉が散漫な感じで生えてるので
ライト光がいい感じに漏れて意外によかった

さてスペルブム、どうしようか・・・



購入時はバルタン星人のような
おとぼけフォルムだった
サンセベリア・フランシシー
2715_effected.jpg

ちょっと凶暴な感じに育ってきました
いいぞー!

関連記事
スポンサーサイト

リコポディウム_その3


今日、どうしてもやりたかった
リコポディウムを植え替えました

で、いうかリコポその3って
まだやるんかい

まだやるんです

でもこれで最後^^


譲って貰った際に植わっていたプラ鉢が
好都合にペラペラだったので

剪定バサミ(ダメですよー)で
バチンバチンと底のメッシュを切り取りまして
底の穴から根を押し込んで植え込みました

IMG_5702_effected.jpg


いやいや、リコポといえばこれでしょー!
前のままだとこれ何?って感じやったんが

ザ・リコポディウム!
に変身
シダでしょシダ!


IMG_5703_effected.jpg

元の植え込み材はミズゴケだったんですけど

今回大きめココチップで株元を固定し

そのうえから灰汁抜きベラボン+水苔少し+ピートモス少し
で植え込みました

これで保水性はほぼ無いので
あるにはあるけど乾きやすい
水やりがますます大変ですーー!!
(なんでそんな事やったんやー)

IMG_5704_2.jpg

ははは・・・
でもこの方がなんとなく良い気がするー


ちなみに一番最初に買った山採りリコポ

にょろって小さいヤスデが出てきました

うぎゃーーーっ


去年の今頃もウィリンキーの後ろから
でっかいヤスデがボトッて落ちて
失神しそうになりました

シダ&ヤスデ 仲がいい?



くれいそすとま アリエチナム

名前が覚えれないナンバー1

通称 ホネホネくん(ウチだけね)

IMG_5696_effected.jpg
新しく葉が出ました


1週間前は出てなかった!
IMG_5685_effected.jpg

我ながらチェック細かいな・・・

仕事でもここまで細かい事が気付けば良いのに!


はははーー

関連記事

リコポディウム_その2


あづいですねー
毎日水やりの量がハンパないです

この時期になると
「なんでこんなに植物があるんやー!」って
自分の事ながら少しイラッとしたり
しなかったり・・・

まぁそれもこれも大事な子たちが
無事に夏を過ごして欲しいー
そして
今が成長期の子はどんどん株を充実させてくれー!
ってな親心でせっせと植物を運ぶ毎日であります



すっかり更新が滞ってしまいまして
「地味なリコポディウムなんて
もうどうでもいいんだけどー」
なんて思われてるかもしれないですが^^;

今日はやっとリアルに重いおしりをあげて
前回の続きを書こうと思うわけですーー

今回はうちやってきた3種
個別にご紹介です


ルソン島からの大株フペルジア
(リコポディウム?)とのこと
IMG_2692_effected.jpg
Lycopodium carinatum
草丈73cm!

葉がキャタピラのように密集して
四角い茎状に(説明が難し)
IMG_2691_effected.jpg
爬虫類の背みたいでカッコいいんです

葉先が展開して分岐してる最中なのか? 
ぴょんぴょんしてます
IMG_2690_effected.jpg
こういうウネリを見ると
ビカクとの共通点があるなぁと、しみじみ


余談ながら
知らずにオクで入手した出品者さんは
なんと「葉風空間」さんでした

ビカクを集め始めた頃、
山採りのワイルドビカクなんかを
取り扱ってらっしゃるネットショップさんで
いつかは手に入れるぞーー!と
意気込んでたんですけど^^;

今回とても親切に育て方や栽培の難しさも
教えて下さり本当に良い出会いでしたーー




ブルーリコポディウムの名をもつ
非常に美しいHuperzia goebellii  
IMG_2693_effected.jpg

とても華があるリコポです
IMG_2694_effected.jpg

なんとなく葉先もエレガントー
IMG_2696_effected.jpg
丈60cmほど
これもう一株買って横にボリューム欲しい!
ああ、ぜーたくねぇ・・・(うっとり)

この「うっとり」具合が
どれだけの共感を得られてるのかが心配ですが・・



これは先に紹介した2つの
ちょうど間をとったような種
IMG_2697_effected.jpg


IMG_2700_effected-001.jpg
Huperzia tetrasticha
Huperzia carinata

この名前、webで検索すると
一番最初に紹介した個体が出てくるんです
で、その逆もしかり・・・


別々の方から購入したので
名前が入れ間違えてる訳でもなく
ようわからんのです

まぁ蘭やビカクシダほどに札落ちを気にする訳でもないので
なんとなくでいいよーって思ってますけどね


リコポは枝垂れてるのを見ると
なんとも涼しげでよいのですー




もうとっくにすっからかんな財布なはずなのに
自分の誕生日だと言い訳してお迎えした

この子

IMG_2712_effected_2014072801513253d.jpg 

IMG_2714_effected.jpg 

でかい!
でかすぎる!!

また次回!


関連記事

リコポディウム_その1



先日予告したこの子たちの事をー

IMG_2681_effected.jpg

この3鉢、葉の形は異なれど
全てリコポディウムというシダの仲間です

葉が密集した軸(?)が枝垂れて
房状にどんどん枝分かれし
胞子嚢も房状になって葉先に付けます

リコポディウムって何?
って思われる方のために

詳しくは先日ロリダを譲ってくださった
花宇の西畠社長がYOUTUBEで解説されてましたので
他の植物についても興味深い事を沢山語られているので是非!
(社長の紹介&リコポの説明1: 08から始まります)



ビカクシダを集め始めた頃に
同時に売られてたリコポディウムを見て

「いつかは育ててみたいな」って
思ってたんですけど
詳しい事が分らず手を付けずにおりましたー

結構インテリアの雑誌に載ってるので
意外と育てやすいのかも?って
思い切ってオクで落札し、育て方の話を伺うと

いえいえ、どーして!
なかなかな管理が必要な様子

西畠社長も動画で難しいて言ってましたしね^^;

ビカクシダよりも乾燥に弱く
そして陽が当たる方が調子が良いようで
乾燥や日光不足で葉先が枯れると
鑑賞性が落ちますーー

今回購入したリコポの葉先の形が
全部違うということは
育て方も異なるということかしら?


長くなるのでそれぞれの個体の詳細は
次回へ続きますーー




おまけ

西畠社長が仕入れたばかりの山取りのビカクシダを紹介
http://youtu.be/u45RrVks0O0?t=7m33s
社長 面白すぎます!!

関連記事

ビカク リドレイ植え込み材


昨年3月に購入してから
1年と数ヶ月のリドレイさん
IMG_2643_effected.jpg

貯水葉・胞子葉が上手く生え揃う事がなく
かといって激しく調子を落とす訳でもなく
なんとなく疑問を抱きつつ
今日まできました

何気に植え込み材の水苔が
うまくいってないのかも?
って思ってたので

先日思いきって剥がしてみることに

留めてたワイヤーを切ると
案の定活着してなかった・・・
IMG_2639_effected.jpg

綺麗に土台の水苔からぱかっと剥がれました

株の裏の様子
IMG_2641_effected.jpg

購入時、株裏には大きめのウッドチップが
ごろごろ植わってたのが
いまではふかふかの土に変わっていました

これでは水苔に食いつかないなー

IMG_2679_effected.jpg

こんどはベラボンと水苔のミックスにして
少し植え込み材を減らして様子をみることに

水苔だけよりは空気と水の通りは良くなるかな?

IMG_2676_effected.jpg

葉が綺麗に揃うには消毒・殺虫も必要ですか?

IMG_2678_effected.jpg

今日見たら貯水葉が出始めてました

今度こそ綺麗に株を覆ってくれると良いんだけど!
(もう、何回も言ってるな・・)




次は同じシダ仲間の事をご紹介
IMG_2680_effected.jpg 
育て方がまだ手探りです・・^^;


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。