hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫牡丹 アリオカルプス



タイトルの「姫牡丹」をキーで打つ時に
何度やっても「秘めボタン」って出るので困ってます

時にハマって抜け出せない
変にオトナモード漂う
変換機能あるあるーー


21日に京都の弘法市に行きまして
多肉で目的の子がいたのですよ

いつも見るだけだった
「オマメプランツ」さん

朝早かったのでまだ並べてる最中のトレーから
キランと見えた子にもう一目で釘付け!

手放せなくなっちゃったその子と
購入目的だった子。さんざ悩んだあげく
どっちがいいか店主さんに相談して(笑)

連れ帰りました秘めボタ・・
じゃない姫牡丹


サボテンの種類らしいですがトゲはありません
残念だけど花が終わっちゃってます

ずんぐりむっくりな子は
今までウチには少ない方だったのですけど
この立ち上がりのひたむきな姿にやられましたー
IMG_6355_effected.jpg
少し土を掘り下げています

成長めっちゃ遅そう・・

大きさは横幅4cmくらいかな?
計ってないけどー

規則正しいこれは葉ではないのです
IMG_6356_effected.jpg
えーっと・・・

なんだったっけ?^^;


夏は遮光して
冬は5度以上のできるだけ日当りの良いところ
春と秋が成長期らしいです

あまり日差しが強いと焼けちゃうらしいので
遮光はリトープスと同じような感じでいいのかな?


リトープスといえば唯一の開花
ローズオブテキサス

お花は一度きりで枯れちゃうと思ってましたら
4日間ほど開閉を繰り返していたそうです
まじでーー??

彼がその後の観察写真を撮ってくれてました(感涙)

_OJL0292_effected.jpg

_OJL0312_effected.jpg

_OJL0316_effected.jpg


この時は室内管理だったので
「きっと志半ばで枯れるわけにいかないんだねー」
って彼にお願いして受粉させてあげました

「ありがとう・・」て
言ったかは知りませんが

リトープスはその後
安心して枯れてゆきました

とさ?

関連記事
スポンサーサイト

ダイヤモンドは自分で買うもの(二)



ブログを書くときはいつも反感買わないか
少々ドキドキして書いてるんですけど
(極度の小心者)

植物ブログの体でみせておきながら
ジャンル違いなもうひとつの趣味
ダイヤモンドネタ書くときは
さらにハラハラと不安が募るばかりで・・・

でもお一人でも「いいね!」と
言ってくださる方がいる限り
書いて良かったーと思うお調子者なわけです
(訂:「いいね!」×「拍手」○でした!)

お前の駄文なんかどうでもいいんだよー
って方はどうかスルーで(懇願)



実は先日、今までに見た事が無いくらい
すごいダイヤモンドを見てきました
(見てきたと言っても実家の近場だったのですけど)
IMG_4751_effected.jpg
小心者なので現物写真撮れずチラシから抜粋!

3日間限定で展示されてたピンクダイヤなんと2ct!
さらに言えばアーガイル産で
VS1でFancy Intence Purplish Pinkな訳であります!
ぜぇぜぇ・・

興味がない方には何が何の事やら?って感じですが

注:前回のダイヤモンドは自分で買うもの(一)

カラーダイヤの簡単な解説
Fancy Intense Purplish Pink
 ↓   
カラーダイヤの色ののり具合を示すランクで
Intenseは上から2番目でハイクラス
綺麗な大粒は圧倒的に数が少ないものです
ちなみに最上ランクはVivid
ここまでくると大粒は一般流通しませんからーーー!



ピンクダイヤの最高峰といえばアーガイル産

生でみーまーしーたー

ナマで!
至近距離(目視)30cmで!

間にぶ厚いガラス板がありました!涙

3おくえんです

3億円

宝くじ当たっても全額さらっと飛んじゃいます

こういうのはアーガイルテンダーという
アーガイル鉱山所有者がその年の選りすぐりで
最高のピースをオークションにかけるという
おいそれと立ち入る事のできない
ルートでしか手に入らない訳です
(ネット上で上で読みあさった知識ですが)

そしてその鉱山も枯渇しつつあり
年々ピンクダイヤのみならずカラーダイヤ全般に
入手がさらに厳しくなってきたんですね
これは数年前からバイヤー皆さんが口揃えて言ってます


まぁちょっと値段がオーバーな気がしないでもないですが
客寄せにはこれくらい値を付けた方が良いのかもしれません

これは売るのが目的ではなく私たちへの目のお正月♡
すばらしい夢を見させていただいてる訳です


現実はこれ↓
過去に集めた私の夢の端くれたち
IMG_1352_effected.jpg
この真ん中のハートが

唯一のアーガイル産 0.1ct
IMG_2848_effected.jpg
直径3mmほど
ちいさっ!

お小遣い価格ですから^^;

他と比べると全くくすみのない冴えたピンク

付いてるのはアーガイルのソーティングメモのみですが
見た目Fancy Light (Purplish?)Pinkくらい
ほんのりピンク



こうやってダイヤ♡ダイヤー♡
ってばかり言ってる私を見ると

『おまえはお宮か!』って蹴りたくなるー!って
kanichiomiya.jpg 
熱海ニュースより拝借
彼が大変に物騒な事を言い始めるので

そういう時は

「あれはね、男の甲斐性がないのを棚に上げて
か弱い女を足蹴にしてる
いわば男の恥をさらしてるんですよ」

って現代解釈してあげてます(笑)

・・・・・あ

もしかしてコレ読んでくださる方で
「金色夜叉」貫一お宮の事知らない?

簡単に説明すると

「お宮」の父が幼い「貫一」を養子に引き取ったら
思いのほか品行方正で優秀な子だったので
娘「お宮」の許嫁にしてたものを
後に金に目のくらんだ父が別の資産家の男性に
娘を嫁に出してしまうという悲恋物語
お宮に裏切られた貫一の恨みつらみを
ひたすら長編小説にしたもの
(未完で作者死す)

とエラそうに言いつつ私も原作読んだ事がありません!

その資産家が持っていたダイヤモンドに
お宮親子は目がくらんだという設定なんです

この写真の銅像は何も言い訳できないお宮に
「ダイヤモンドに目がくらんだかー!」って
貫一が後ろ蹴りしてる訳です

ね、
ひどいでしょ?


ああ、ずいぶん話が飛びまくっちゃいました・・

自分でも収拾つかなくなっちゃったので
今回はこの辺で・・・

あわわわ・・

最後までこんな駄文におつきあいいただき
本当にありがとうございましたー!
 

関連記事

リトープス テキサスローズ開花!


昨年春から育て始めたリトープス。

育てるのが初めてだったので
昨年の秋は花を見ることができず・・

その間、失ったリトープスも
少なくはありませんでした(涙)




そんな中、先日わがや初の花を咲かせてくれた
希少種 Rose of Texas (テキサスローズ)



まだ実家なので実物を見れなかったのが残念
彼に頼んで写真を撮ってもらっておりました

彼が仕事に出るまでを撮ってくれていたので
全開花までは拝めなかったのですけど
ちゃんとピンク花です〜〜嬉し♡



私があまりに口うるさく言うので
送られてきた写真が山のように・・
プレッシャーかけてすみませぬ
ぜひ連続してご覧ください^^

lithops_web2.gif


そして現在生育中の実生テキサスローズも




最近インスタグラムが便利で
ブログに書ききれてない小ネタを
日常的に更新しております


時々このブログを見てくださってた方から
お声をかけてくださることも^^
嬉しい限りです!

右上のウィジェットからアクセスいただくか
こちらからも↓
1456873037-statigram-my-top-five-photo.png  

  

関連記事

綴化は綴化でいられない?ラウリンゼ綴化


今月末まで実家を離れられないので
撮りだめネタ続きますー

IMG_3661_effected.jpg
昨年五反田のビッグバザールで購入しました
エケのラウリンゼの綴化

ーー綴化(てっか)とはーー
成長点に異常がおこり
帯状につながって成長してゆくこと
通常とは異なる形をするので
品種によっては“レアもの”扱いされる事も



日光不足により次第に葉形が乱れ
哀れな姿にさせてしまったので
(酷すぎて写真なしー涙)

胴切りして仕立て直しを!

今年、どうにか元の姿に復活
IMG_2944_effected.jpg
ちょっと元よりプクプク気味?

で、胴切りされた下の根元はというと
IMG_2940_effected.jpg
綴化がなくなりノーマルな
ラウリンゼちゃんが発生

裏の切られた跡が生々しい・・
IMG_2941_effected.jpg


他記事で読んだところによりますと
わざと成長点に傷をつけて
人工的に綴化を起こさせる事もあるらしいので
当然と言えば当然なのかな

遺伝子自体から綴化を起こす
訳ではないという事なのでしょうか?


良くわかりませんー^^;

IMG_2939_effected.jpg 
この子は人工的に作られてたのかも?という疑問





ついでにー

今年6月に突風でベランダの多肉棚を
ひっくり返されぐちゃぐちゃにしてしまい
綺麗に残った生存者が少ないんですが

数少ない美形のままの子
IMG_2946_effected.jpg
黒爪ザラゴーザ
凍るような青白い肌に赤黒い鋭い爪
シビレますー


落ちたショックで芽が分かれちゃった?
IMG_2947_effected.jpg
ブラックローズ

もうとりあえず植えとけー!って突っ込まれた
IMG_2949_effected.jpg

雑魚寝ならぬ雑魚植え
女雛とマーガレットレッピン
とその他多肉の仲間たち


おそまつさまでした・・・

関連記事

ブーファン ハエマントイデス いよいよ


すでに数日前に撮りだめた
過去写真の記事なんですけど


夏期に休眠してた冬型球根の
ブーファン ハエマントイデス
IMG_2966_effected.jpg
輸入株7年もの

実生株4年もの
IMG_2965_effected.jpg
2球とも無事お目覚めました

小さい方は
なかなか葉が出なかったので
結構ドキドキもんだったのですが

砂糖水のおかげか(汗)
ばっちり葉っぱを出してくれました

(大きい鉢の方は数日後に土が異常に臭くなったので洗いながしましたけど)

さぁこれから株をどんどん充実させてくれい!


今年の夏越し失敗したのは
ブルゲリだけかなー(涙)

失敗というよりも
ブルゲリがそろそろ休眠かな?
と勝手に思い込んで
土で覆いかぶせて日陰に放置したんです

そしたら実は休眠してなかった状態で
生き埋めにして干涸びさせてしまったという
なんとも申し訳ない事をしてしまった次第です

もうブルゲリは買いません!

ごめんなさいー

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。