hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビカク・リドレイの葉の生え変わり


リドレイの赤ちゃんの手
のようだった胞子葉が
とても立派に成長しております。

今日水やりをしながらしみじみ眺めていたところ
パサッと、古い胞子葉が落ちたんです。

IMG_4428_effected.jpg

ビカクシダを育ててられる方はお分かりかと思いますが

本当、鹿のツノが自然に抜け落ちるがごとく
役目を終えた胞子葉はぽろっと根元から抜け落ちるんです。
(葉の種類によります)



何度かビカクの胞子葉が抜け落ちるタイミングを目にしていますが
大袈裟なんですけど、なんだかとても感動するんですよーー

葉が抜け変わる瞬間。
すごく動物的な感じ。


変ですかね。

いいんです好きなんです。


約一ヶ月前にはこんなに小さかった赤ちゃんの手が
IMG_4041effected.jpg





IMG_4430_effected.jpg
こんなに立派になりましたよ。


そして長い間、右側しか葉のないアンバランス株だったのも
ようやく左側にも胞子葉の芽が覗き始めまたようです。

IMG_4429_effected.jpg

嬉しい!楽しみ!




ビカク大好きだ〜〜〜。

叫んでしまうほどにw






関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://atoa7.blog.fc2.com/tb.php/124-cf8493c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。