hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根無しロンヤラのその後

Ronnyara (Rnya.) 
Prra. Luke Thai × Vasco. Mishima Lime

1005IMG_0737_effected.jpg



以前、根無しロンヤラをsugoi-neに植え替えたものの、
どうにも上手くゆかず

根元が茶色くなって
葉がグラグラとゆるんできました。
1005IMG_0738_effected.jpg

慌ててコンポストから取り出したものの
それから葉はまもなく5枚も落ちてしまったんです。


葉そのものが他のバンダに比べて
横に大きく広がっていて重心が悪いんです。

葉そのものの重さが付け根に負担がかかり
根元が割れやすいと思います。




そして、いくら素晴らしいコンポストに植えたところで

根がない=根元から水分が取れない=葉が落ちる

つまりは

葉からしか水分を補充するしかない
※バンダは葉からも水分を吸収するので
という事にやっと気付いたんです。





それから取った対策はーーーー

葉の自重を軽減する為に
割り箸(保水の役目もあり)を支えに
逆さ吊りにする事でした。

1018IMG_0802_effected.jpg

写真が逆さまなんじゃないんですよー


この状態だと普通に霧吹きで水をやるより
葉に水分が留まっている時間が長い

つまりは葉から給水ができるんです


葉の形状をみてもじょうご型なので
そのままだと葉から根元に水が流れやすい構造。

今回はその逆を狙った訳なのです。


その証拠に心無しか葉が少しふっくらし
引き締まってきたように思えました。


1020IMG_0814_effected.jpg


そして10月中旬。

気温が20℃を下回るようになってからの
対策に保温シートを用意しました。

↑後ろに一緒にぶら下がっている透明シートがそれ。

ピタリ適温 プラス 3号 爬虫類 両生類 パネルヒーター 保温 関東当日便

昨年、真冬の低温の為になす術も無く
朽ちて逝ったバンダの二の舞はもうしません!

あれは本当に悲しかった・・涙



1020IMG_0820_effected.jpg

水槽に加湿&加温でバンダと共に管理。




これ以上は悪化する様には見えなくなった昨日

1024IMG_0838_effected.jpg

着生植物だからよかれと思って
コルクに付けてみたところ・・・



なんと半日で調子が下がって
根元が緩んで葉がグラグラしてしまったんです〣( ºΔº )〣



1024IMG_0840_effected.jpg

慌てて元の割り箸にくくり付けなおしましたが

明らかに以前より根元が緩んで
葉が下がってきて危険な状態です。


このまま回復できるのでしょうか???

ロンヤラよ余計な事してすまん。。。




IMG_0843_effected.jpg

ちなみにバンダは快適らしく
根を快調に伸ばし続けてくれています。



こんな状態のロンヤラさんに
どなたかご助言頂けると嬉しいです。。(つд⊂)




にほんブログ村 花・園芸ブログ エアープランツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ シダ植物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://atoa7.blog.fc2.com/tb.php/152-84e7a8e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。