hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌビゲナ クサンチ

昨日は仕事をさせていただいてる方のお宅で
ホームパーティにおよばれしてきたのですが

お宅の生まれたばかりのお子と
4つになるお子のお相手が楽しいやら
やはりヨソジにはなかなか体力的にヘビーだったりで^^;

普段とはちょっと違う一日を過ごしてきました。


まぁ未婚のアラサー大人が集まると(私はオーバーw)
当然お子たちへのプレゼントもハンパ無く(笑)


山のようなプレゼントを前に
お子は「きゃー!わけわかんないよう〜!」って
発狂寸前でした^^

そりゃそーだわw


しかし、今の子どものおもちゃって
私らには理解しがたいものばかりですね〜


3歳からのおもちゃで液晶スマホ
(タッチパネル式!)ってのもありました。



私は地味にプレイモービルの簡単な飼育係セットをあげたのですが
結構オトナの方が「わー!きゃー!」ゆって楽しんでました。

それはそれで成功だったのかしら?w




先日の9・10日に調布市で「東京蚤の市」がありまして

https://www.facebook.com/tokyonominoichi


夜更かし芋虫のようにぐーすか寝てたところを
友だちからの電話で誘われて「じゃあ40分後に集合ね」って
近場なんで着の身着のままで行ってきました。

だんだんこういうところがおっさん化してる気がします(汗)

なんか電車の中から「きっとこの人市にゆくんだろーな」的な
おされーな若者がぎょーさん乗ってて
普段の京王線ではちょっと不思議ーな光景。


京都ではよく東寺や北野天満宮の
東京では大江戸骨董市とかののみの市に行くのですが
今回この市は初めてでした。


写真はありませんが
今どきの若い人向けのいい感じのお店ばかりが
日本全国から集まった感じ。

結構選りすぐりな出店で面白かったです。

活版印刷を使ったワークショップや
イベントもたくさんありました。


長いですね前置きが
これじゃあ、普通に日記です。。。




そんな素敵市で見つけた多肉屋さん。

なんと、アガベ(ナンバーワンやパリー)やデッキアが
1000円〜とかで売ってて、なかなか心揺さぶるお店。

看板娘(非売品)にドラティが鎮座してました。
そこで買ったヌビゲナ クサンチ
IMG_4863_effected.jpg

真ん中から白い粉を吹いてます。

少々傷みはあるものの
中型の立派株でお値段お手頃。


IMG_4864_effected.jpg

ただ、デッキアを「これアロエなんですよ〜」と言ってたお店の人。

商品のセレクトがナイスだっただけに、まじかーっ!!!の発言。


苦笑いしながら説明を聞いてました。

また開催した時には行ってみよっ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

zutan says... ""
はじめまして いつもこっそり覗いてました笑とても勉強になって参考にしてますヾ(o゚ω゚o)ノ゙

蚤の市行かれたんですね 私も行きました 一眼レフぶら下げたオサレ若者。おおかったですねーww本屋の横の多肉屋さんのドラティ。買えないくせにいくらか聞いちゃいましたwwいやー立派でした あの子買われたんですね きっと大切に育てて大きくなるんだろうなー
いいところに貰われて良かった

私もあそこで正体不明の蘭を500円で買いましたw 可愛い女性はよくわかってないみたいでマニアックなものを仕入れてるから店主はどこかにお出かけかと勝手に思いました。

ぜひブログ主様と遭遇したかったです(o^▽^o)




2013.11.15 10:02 | URL | #- [edit]
atoa7 says... ""
zutanさん
いつも見に来て下さってありがとうございます☆
いきあたりばったりな記事をかいてますので
勉強になるなんてとても恐れ多いですーーー

そうそう、本屋さんの隣の可愛らしい店員さんがいらっしゃった所です。
蘭もありましたね〜!
しっかり育てられたいい子が多かったので目移りしまくってました^^
結局は友だちもすすめてくれたこの子に決めたんですけど
場所が許せばもっと欲しい子があれこれいましたー
私も思わずドラティのお値段聞いちゃいましたよ^^;


2013.11.15 12:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://atoa7.blog.fc2.com/tb.php/160-8ac20be9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。