hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルビネ・メセンブリアントイデス


新入りさんの
ブルビネ・メセンブリアントイデス
(各写真はクリックで拡大します)

IMG_2307_effected.jpg

ブルビネ属を知らなかったので思わず

「ハオルチアの一種ですか?」
と聞いてしまったー

オパールの様な光彩を内から放ち
ドロップ状の葉がかわいらしい

国際多肉植物協会(I.S.I.J. )会長曰く

ブルビネ・メセンブリアントイデスだと言いにくいでしょう?
だから「しづく玉」と命名されたとのこと

IMG_2315_effected.jpg

まさに!



IMG_2313_effected.jpg

次第に先の尖った部分が潰れて
透明感のある窓になり
(これが通常の姿らしい)

夏は完全に地上部分が枯れて
根だけが残ります

初めてなのに図々しくも
3株の群生を頂いてきました。


この鉢に花茎が残っていたので
もしかしたらこぼれ種も期待できるかも

運良くゆけば発芽するかもしれないので
植え替えせず来年までこのままに!






先日は天気がよく、
仕事が抜け出せたので

ぷらっと 神代植物公園の
「サボテンと多肉植物展」
に行ってきたのでした。

IMG_2264_effected.jpg
写真は間違えて行った旧会場の温室

会期の中日でしたので人が少なく
ゆっくりじっくり見ることができました



今日は買わないで(笑)
展示されてるものを見に行くのが目当てだったのですが
そこで出会いました ブルビネ メセンブリアントイデス。






会場に展示されてた
美しく引き締まった球体状のハオルチアの群生

その脇にこのブルビネメセントイデスが
ちょこんと芽を出しててー

それを指してI.S.I.J.会長さんが

「このハオルチア群生は10年くらい植え替えをしていないんです
ブルビネメセンブリアントイデスはこれよりも5−6mも離れたところで育ててたのに
きっとナメクジかが種を運んで芽を出したのだと思う

頻繁に植え替えをしてると
こういう面白い事が起こらないでしょ?

大抵は株を増やす為とか
大きくする為に植え替えをするけれどね」


感慨深いですねー

植物は増やす楽しみもあるけれど
個体本来の姿はどうあるものなのか?

それは大変魅力です

色々とお話をお伺いしながら
自分の勉強不足を反省するべきところも多く
植物の見方も少し変わって

会場にゆけて良かったです


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://atoa7.blog.fc2.com/tb.php/217-219bfdca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。