hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビカク植え替え1 ビーチィー編


昨年1月からウチに集まりはじめたビカクたちも
大きくなるにつれ植え込み材が足らなくなり
株の保水もままならなくなってきました・・

今年は株を大きくする事を目標に
いくつかビカクシダの植え替えをすることにしました

昨年2月に来たビーチィー
うちに来た当初の姿

葉も大きくなって子株もつきましたが
うまく貯水葉が出ませんーー
IMG_2747_effected.jpg

IMG_2748_effected.jpg
子株も植え込み材がない所に出来ちゃったし


IMG_2749_effected.jpg
葉元もこれからどんどん活気づきそうな予感

流木付けすごく気に入ってたのですが・・・

ここは手狭な流木を卒業して
オトナ株になっていただきましょう

今回はウチにある子たちを育ててきた手応えによって
品種ごとに植え込み材の配合を変えてみました



【ビーチィー植え込み材】
水苔6:あくぬきベラボン3
ベラボンはある程度形の残っているものです
細かいと水に流れてしまいます


一緒に水を含ませ混ぜて使用
ビーチィーの場合、水苔だけでも良いと思います
なんとなく最近の私の好みでベラボン足しました


流木付け

焼き杉板(大きめ)に


株が大きくないのなら
色々な意味で流木付けはおすすめです

ビーチーの活着度合いがすごかった
IMG_2760_effected.jpg
喰われて木肌が剥がれるほど・・・

ヘゴはジメジメして虫が着きやすいのと
ボロボロ落ちるので好きではないのです

コルクは撥水性があるようで
活着しにくい(しない?)かな
見た目は良いんですけどね


その点でいえば流木は保水性もあり
木の細胞が死んでスカスカになってるため
ビカクの根も食い込みやすいようです

以前完全に呑まれてしまうであろう
3mmほどの子株を取り外す際に
しっかり流木に食らいついていて
流木を削って外しました

余談ですが外したこの子株は育ちません
親元で大きくなってからでないと難しい様です


ちなみにビカクを付ける時
木の板だと何でもいい?
という訳ではありませんのでご注意を

堅い目の詰まったの木
保水性のない桐などは
ビカクが腐りますよ


杉板取り付け完了
IMG_2756_effected.jpg
別人・・・

前は葉が下向きに生えてると思ってたら
ちゃんと上向きになりビーチーらしい葉姿に


ちなみにウチでは最初にシュロ縄でしっかりくくり付け
これだけだと1年しないうちに切れるので
個体を傷つけない様に注意して銅線も巻き付けておきます


子株が大きくなれるように植え込み材もしっかり付けました
IMG_2758_effected.jpg
おおきくなれよー
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://atoa7.blog.fc2.com/tb.php/258-0b2dd408
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。