hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビカク植え替え3 リドレイ編


植え&付け替えしました
リドレイ♡

IMG_2767_effected.jpg
じつは7月に植え替えしたばかり

IMG_2643_effected.jpg

他を植え替えているうちに
まだ完全じゃないなー・・と心が騒いだので
やり直す事に

1年以上経っても
水苔に全く根を伸ばさない様子だったので
前回は植え込み材を減らしたのですが
植え込み材の内容を変えれば
増やしても良いような気がしたのです

そうしないと大きくならないですからね!
追:「ビカク植え替え1-3」の記事はあくまでもウチのやりかたです
どこで教えてもらったとかマニュアルがあって・・とかではないです


今回のレシピ

【リドレイ植え込み材】
水苔5:ベラボン3:ココチップ大2
一緒に水に含ませ混ぜて使用

今回は半分ほどヤシ繊維を混ぜた事になります

ここ最近はビカク植え込み材に
必ず入れるベラボン(ココヤシ)

ビカクシダは加湿ばかりではなく乾燥も好みますが
一旦乾燥してしまった水苔は水を弾くため
なかなか中まで水が浸透しない事がよくあります

バケツの水に株ごと浸せれば
それに越した事はないのですが
バケツの縁で葉が傷つきそうなのと
ある程度大きい株には無理がありますよね

ヤシ繊維はその乾いた水苔の中まで水と空気を通す
いわばストローの役目を果たしてくれます

特にリドレイのような葉で株を多い尽くすようなタイプは
ちゃんと根元まで水分が行き届いてるのか分りにくい
なので前回は植え込み材を減らしたのですがー

今回ココヤシチップ大(ブロック状)で
空気の通りも格段に良くなったはずなので
植え込み材を増やして水を多めにあげたとしても
根腐れしにくいだろうという想定です


コルク付け

焼き杉板に



特に今は貯水葉を展開している大事な時期!
注:ここまで大きく展開する前に植え替えしていますよ!
IMG_2765_effected.jpg
たっぷりの新鮮な水分と風で
立派な葉を出して欲しいのです



それと彼からのプレゼントビカク
マウントキッチャクード

ウチにきて早くも貯水葉と
胞子葉を出しました
IMG_2769_effected.jpg
これも水苔とベラボンをミックスしてます
割合は品種の特徴によって変えてます
IMG_2770_effected.jpg
ぐーーっとのばして!



最近ビカクネタばかりですが
今が育てて一番楽しい時期なのですよー









先日彼が映画に連れてってくれると
リアリティのダンス」観てきました


私が好きそうとサイトの絵ヅラを見せてくれて
可愛らしいショットばかりなんですよ

私的には
「そんなにガーリィなん好きではないのですけど」
と半信半疑

実際始まっても
「なんじゃぁ・・これ?」
だったのですが

徐々に映画は牙を剥き・・みるみる腐海のような
または戦争映画の無惨なシーンと
映画「十戒」をミックスして
それを「珍妙(褒め言葉)」で描いてるというか


この状況なんと判断したら良いのか?
・・・というカオスなシーンの連続

途中から寺山修司の映像を見てるような気分に
後から調べたら寺山修司がこの監督の影響を受けてるのか?
この監督さんも「エル・トポ(1970年)」も私は知りませんでした

悪夢か現実か・・・
題名「リアリティのダンス」の通り
楽しい訳ではないです
人生の受難と生き方とは?
教えを乞うたのか
見せつけられたのか?

まぁすごい映画でした

見終わった後の感想は2人とも
「めっちゃ疲れたーー」

ストーリーテナーは確かに可愛らしい少年(監督)ですが
主人公は共産主義者の父親ですから、これ。

映画のチラシや宣伝イメージに惑わされてはいけません
久々にアッパーなものを見せていただき
良かったです(よかったんかい!)、はい

彼の「私の好きそう」という目は
ある意味間違えてなかったとーー




おっと
まただらだら綴ってしまいましたね

お盆は帰省するので
次の更新はすこしまちまちになってしまいますー
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://atoa7.blog.fc2.com/tb.php/260-871fccbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。