hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チランジアの子株たち


チラネタからしばらく遠のいておりました。

みんな元気に育っております。

ちょうど1年ほど前からネタに出してなかった
コットンキャンディはこんなに大きくなりました
IMG_2879_effected.jpg
1年前はこんなに小さいです
「コットンキャンディ子株」

もう親株の貫禄です
IMG_2880_effected.jpg
親の花芽はそのまま残しております

親株の綺麗に真ん中を切り開くように
2つ生えております。

親の葉は2つの子株を囲むような形に

美しいです^^



こちらもちょうど1年で親株の貫禄に
IMG_2881_effected.jpg

カピタータ

1年前はこれ
「カピタータ子株」

IMG_2882_effected.jpg
親株はこんなに小さく

悲しいけどもうすぐお別れかもしれませんー


5月の私不在の際に咲いた
カプトメドューサエの2株も
IMG_2883_effected.jpg
それぞれに子株が付きました


気になるのは子株が腐っちゃって
取り残された親株のカクティコラ
IMG_2886_effected.jpg



IMG_2884_effected.jpg

このまま親株だけ生きてゆくと言うのは
あるのでしょうか???
関連記事
スポンサーサイト

Comment

kyo-co says... ""
こんにちはー。

チランジアやっぱりいいな~。
好きだけど上手く育てられないので・・・
いちど崩壊させたことがあってそれがトラウマで・・・^^;
なんとなく避けてきたけど、やっぱりいいな~。
上手く育てるコツってありますか?

カピタータさん、欲しいものリストにφ(..)メモメモ
↓のドラティーさん、1枚目の子は変種になってますが、
普通のと比べて花が大きいですか?
私もチラをはじめたころ植物園でひとめぼれしたのがドラティーさんでした。
なんでしょうね。色っぽいのかなぁ。私はそう感じるんです。
植物って単に造形が面白いってだけでなくて、
独特のオーラを放っているものってありますよね。^^

2014.09.16 13:59 | URL | #hAx6ZPS2 [edit]
atoa7 says... "Re: タイトルなし"
kyo-coさん^^

こんにちはー

うんうん植物ダメにしちゃうとトラウマなりますよねー!

チランジアの上手く育てるコツは・・(笑)
それこそ私もダメにしちゃった子も少なからずいるから
あまり参考にならないですけど
室内だとバークチップやセラミスの上にのせておくと
水分を安定して調節出来るみたいで調子いいです
あくまでものせるだけで植えちゃダメなんですけど
調子のバロメータですかね?
ここに置くと発根率高いですー

ソーキングはドラティとウスネをダメにしてしまってからやってません
トリコームが激しく取れてしまって
水の吸収や調整できなくなってしまったんですー
これだけは猛省してます

そのくせトリコームがほとんどない
カピタータはソーキングすれば
めちゃくちゃずっしりして調子が良かった
最近霧吹きだけだとしょんぼりしてきちゃったんです^^;

なんで、チランジアも育て方それぞれなんですよね〜〜

チラは色っぽいって私も前から思ってましたー!
ドラティの茎の曲線とかなんて
まるで女の人の背中見てるようでうっとりしてしまいます

>↓のドラティーさん、1枚目の子は変種になってますが、

わーいま気が付いたーー!
確かに他のドラティの花茎こんなに房が別れてないんですね
ファースト ドラティだったので全く気付かず・・
本当に惜しい事をしました・・・(涙)



2014.09.16 18:46 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://atoa7.blog.fc2.com/tb.php/273-fed7e411
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。