hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤモンドは自分で買うもの(二)



ブログを書くときはいつも反感買わないか
少々ドキドキして書いてるんですけど
(極度の小心者)

植物ブログの体でみせておきながら
ジャンル違いなもうひとつの趣味
ダイヤモンドネタ書くときは
さらにハラハラと不安が募るばかりで・・・

でもお一人でも「いいね!」と
言ってくださる方がいる限り
書いて良かったーと思うお調子者なわけです
(訂:「いいね!」×「拍手」○でした!)

お前の駄文なんかどうでもいいんだよー
って方はどうかスルーで(懇願)



実は先日、今までに見た事が無いくらい
すごいダイヤモンドを見てきました
(見てきたと言っても実家の近場だったのですけど)
IMG_4751_effected.jpg
小心者なので現物写真撮れずチラシから抜粋!

3日間限定で展示されてたピンクダイヤなんと2ct!
さらに言えばアーガイル産で
VS1でFancy Intence Purplish Pinkな訳であります!
ぜぇぜぇ・・

興味がない方には何が何の事やら?って感じですが

注:前回のダイヤモンドは自分で買うもの(一)

カラーダイヤの簡単な解説
Fancy Intense Purplish Pink
 ↓   
カラーダイヤの色ののり具合を示すランクで
Intenseは上から2番目でハイクラス
綺麗な大粒は圧倒的に数が少ないものです
ちなみに最上ランクはVivid
ここまでくると大粒は一般流通しませんからーーー!



ピンクダイヤの最高峰といえばアーガイル産

生でみーまーしーたー

ナマで!
至近距離(目視)30cmで!

間にぶ厚いガラス板がありました!涙

3おくえんです

3億円

宝くじ当たっても全額さらっと飛んじゃいます

こういうのはアーガイルテンダーという
アーガイル鉱山所有者がその年の選りすぐりで
最高のピースをオークションにかけるという
おいそれと立ち入る事のできない
ルートでしか手に入らない訳です
(ネット上で上で読みあさった知識ですが)

そしてその鉱山も枯渇しつつあり
年々ピンクダイヤのみならずカラーダイヤ全般に
入手がさらに厳しくなってきたんですね
これは数年前からバイヤー皆さんが口揃えて言ってます


まぁちょっと値段がオーバーな気がしないでもないですが
客寄せにはこれくらい値を付けた方が良いのかもしれません

これは売るのが目的ではなく私たちへの目のお正月♡
すばらしい夢を見させていただいてる訳です


現実はこれ↓
過去に集めた私の夢の端くれたち
IMG_1352_effected.jpg
この真ん中のハートが

唯一のアーガイル産 0.1ct
IMG_2848_effected.jpg
直径3mmほど
ちいさっ!

お小遣い価格ですから^^;

他と比べると全くくすみのない冴えたピンク

付いてるのはアーガイルのソーティングメモのみですが
見た目Fancy Light (Purplish?)Pinkくらい
ほんのりピンク



こうやってダイヤ♡ダイヤー♡
ってばかり言ってる私を見ると

『おまえはお宮か!』って蹴りたくなるー!って
kanichiomiya.jpg 
熱海ニュースより拝借
彼が大変に物騒な事を言い始めるので

そういう時は

「あれはね、男の甲斐性がないのを棚に上げて
か弱い女を足蹴にしてる
いわば男の恥をさらしてるんですよ」

って現代解釈してあげてます(笑)

・・・・・あ

もしかしてコレ読んでくださる方で
「金色夜叉」貫一お宮の事知らない?

簡単に説明すると

「お宮」の父が幼い「貫一」を養子に引き取ったら
思いのほか品行方正で優秀な子だったので
娘「お宮」の許嫁にしてたものを
後に金に目のくらんだ父が別の資産家の男性に
娘を嫁に出してしまうという悲恋物語
お宮に裏切られた貫一の恨みつらみを
ひたすら長編小説にしたもの
(未完で作者死す)

とエラそうに言いつつ私も原作読んだ事がありません!

その資産家が持っていたダイヤモンドに
お宮親子は目がくらんだという設定なんです

この写真の銅像は何も言い訳できないお宮に
「ダイヤモンドに目がくらんだかー!」って
貫一が後ろ蹴りしてる訳です

ね、
ひどいでしょ?


ああ、ずいぶん話が飛びまくっちゃいました・・

自分でも収拾つかなくなっちゃったので
今回はこの辺で・・・

あわわわ・・

最後までこんな駄文におつきあいいただき
本当にありがとうございましたー!
 

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://atoa7.blog.fc2.com/tb.php/292-05d64cef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。