hikage de botanical garden

日陰ベランダで苦戦する花は咲くのかな日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低温対策

ジュビリーセレブレーションズ
ジュビリーセレブレーション
 
 
 
前回から続けていた水耕挿し木が
残念ながら失敗に終わってしまいました。。
DSC00470.jpg
 
水質管理や温度など 
原因は色々あったと思うのですが
 今回の失敗を踏まえて
また機会があればチャレンジしてみたいと思います。
 
 
もう6月に入ったというのに
東京の気温がなかなか上がらず
特に朝晩は結構冷え込みます。
 
現在住んでいるマンションも
結構日当りが良いと思っていたのですが
肝心なベランダはこの時期は
道路に面した街路樹に覆われ
かなりの日照不足。
 
低温・日照不足は蕾を抱えるバラにはどちらも致命傷。
 
長い間、堅く閉ざしたままの
ルージュ ピエールドゥロンサールの蕾がひとつ
とうとう枝が黄色く蕾は枯れてしまいました。
 
 
ビニールハウスがあれば良いのですが
手狭なベランダではそうもゆかず。
 
 
考えあぐねて苦肉の策。
夜は大型のビニールをかけてあげる事に。
(結構簡単に思い浮かびそうなんだけど・笑)
 
DSC00541.jpg
 
フレグランス オブ フレグランシズとルージュピエールドゥロンサール
 
 
 バラの栄養剤アルゴフラッシュも水やりの際に混ぜました。
 
 
アルゴフラッシュ バラ専用液肥 1リットル
 
 
この効果があったのならスゴいと思います!
 
前日には堅く閉ざしていたジュビリーの蕾が
朝にはふんわり広がりました。
DSC00539.jpg
 
 
開き始めると早いので早々に切り花にして部屋の中へ。
 
 
やっと蕾から育てたバラが花咲いてくれて一安心。
 
 
DSC00547.jpg
 
バラを育ててはじめて知ったわが家の日当りの悪さ。
 
こんな環境でバラを育てるのに若干の不安が残ります。。。
 
きっと同じ悩みを抱えている人多いんだろうなぁ。


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://atoa7.blog.fc2.com/tb.php/8-a25cdf6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。